スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

在パラグアイ大使館現地職員、着服で懲戒解雇(読売新聞)

2010-06-07

 外務省は2日、在パラグアイ日本大使館で旅券や査証などの申請手数料を着服したとして、同大使館現地職員のパラグアイ人男性(44)を5月19日付で懲戒解雇したと発表した。

 また、申請担当の領事ら3人を6月2日付で外務省規則に基づく厳重訓戒処分などとし、渡部和男大使も厳重注意処分とした。

 同省によると、男性職員は2008年3月から今年1月にかけて、旅券139件、査証81件などの手数料約164万円(日本円換算)を着服した。男性は事実関係を認め、全額返済した。「家族の入院費とギャンブルに充てた」と話しているという。

 旅券、査証などはすべて申請者に発給されていたが、男性職員は大使館に申請を報告せず、手数料も納めていなかった。今年1月の省内調査で、同大使館の旅券発給数が例年に比べて極端に少なかったことから同省が調査した結果、着服が発覚した。

職場にいると息が詰まりそう……どうすればいいでしょう(Business Media 誠)
あけぼのの会 代表自身も制度悪用か 保護費受給 敷金数十万円(産経新聞)
【風】「ワクチン行政」医師悲鳴(産経新聞)
大野一雄さん死去 「舞踏」を確立(産経新聞)
<普天間移設>8月末までに代替施設工法などの検討完了へ(毎日新聞)
スポンサーサイト

トラックバック

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。